« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

ペギーが来た!

フランスからペギー・ラデンさんが再び来日。ジーベックのH原氏夫妻と一緒にイタリア料理店「ドラマティコ」で会食しました。3週間の滞在の中で、横浜の小松ちゃんの墓参りに行くわ、京都、高野山、草津などなどに出没して日本を満喫した後での荻窪訪問。会食の後は我がオープロを見学に来て、サインちゃぶ台にサインを残してくれたんだけど、うまいヒラガナなので誰も外人と思わないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

悪い子はビネガー!!

この傑作タイトルはジブリ美術館学芸員三好氏のアイデアで、使わせてもらうことにした。
ということで、新しい2スタに積んであった古いプリントの35mmゴーシュを試写してチェックしてもらうためジブリ美術館に行った。今週はメンテナンス休館で出入りは業者の人のみという土星座貸し切りでの試写となった。持ち込んだのは3本分のプリント。1号はまるで退色していて赤いプリントで、同席したジブリT氏は「千尋みたいに赤い」とアブナいギャグ。2号プリントは、頭は色が残っていて青い星空に喜んだものの本編に入るとガクっと赤くなってしまった。どういうプリントなんだ?こりゃ??そしてすっぱい臭いとねばつく感触....あきらかに酢酸によるビネガーシンドロームの進行している状態。フィルムがネバつくので映写もガクガクします。3号プリントは同じくアタマのみ色がちゃんとしていて、本編は退色。しかしこれが一番キズもなく、まあがまんできないこともないか、というので一応候補に。巻きがゆるくてコアから抜けたりするんだけど。
新しく焼き直す経費が出ればやりたいところだが、30万以上は覚悟しないといけないからなあ。
三鷹市の小学校で上映してくれる話があって今回チェックしたんだけれど、ひょっとして秋に杉並でも上映があるかも?こんな調子で来年もあるなら無理して焼きたいところです。お申し込みありませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

京急盲動

今日は、はるばる金沢文庫まで小松ちゃんのお墓参りに行きました。六浦という所にある宝樹院というお寺です。実は初めてのお参りで、(これまではご自宅の位牌を拝んですませていた)、これはもっとはるばるパリからやってきたペギー・ラデンさんが行くというのにつきあったもの。パリジェンヌが行くと言うのに僕が一度も行っていないのはどうもねえ、案配悪いんで。幸い雨もあがり、ナオ子未亡人とタクシーをとばしたらあっという間につきました。小松ちゃんのすぐ下には小泉家の墓があり、小松ちゃんが見下ろすようになっています。その真ん前に空いている場所があったので聞いたら、小泉純一郎氏のご予約ということ。首相やると独立して立たなければいけないのでしょうかね。寂しいことで。
お線香をあげて、小松原家に引き揚げてナオ子さんの手料理を食べて酒を飲んで帰りました。
たくさん食べたけれど、まあ、オープロの代表ということだからしかたないですね。それにしても亡くなって早くも8年とは本当に早い。お花はあげたけれど、ビールもっていかなかったのがまずかったなあ。次回は小松ちゃんの好きなビール持参で行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »