« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月14日 (日)

我孫子共感

アニドウ会員つのちゃん(角川弘明くん)が急逝したので、昨日のお通夜と今日の告別式に泊まりがけで参列してきました。
場所は地元我孫子のセレモアホール。
角川くんにはオープロもゴーシュの完成イベントなどで手伝ってもらったり、海水浴に行ったり、まるで外注社員のような扱いで、お世話になりました。ご冥福を厚く祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

照樹務はどこでしょう?

杉並アニメ匠塾の課外授業で、スタジオ見学に行くというので同行してみた。
阿佐ヶ谷の区役所前に集合してマイクロバスで向かった先は三鷹のテレコムアニメーション。がやがやと入ると、会議室からイラン君が登場。なんと友永氏などと合作の会議中とのこと。
僕はもう見学済みなので、本を読んだりしてさぼる。総勢8人の匠塾生+区役所職員3名+オープロ世話役T島(実はアニドウ)の団体はまじめにデジタル作画、彩色作業などを見学。テレコムは企画から作画、撮影、彩色など音響、現像以外を一貫して進める事ができるきちんとしたスタジオなので、制作行程がワンフロアーで一望できるのは素晴らしい。
案内役は社長のT内氏がかってでてくれて、塾生との質疑応答時間もとってもらった。
有意義な訪問であったといえましょう。
この後一行は、スタジオローク07を訪問しに向かったが、銀行まわりなどがあり僕は荻窪で下車して中座。テレコムから依頼をうけたアメコミ「G」の動画資料を持って、2スタなどに見せてまわりました。
※注 今回のタイトルは28年前の伝説?の替え歌「照樹務はだれでしょう?」のもじりです。(誰も知らんがな)元歌は「七色仮面の歌」です。「月光仮面はだれでしょう」ではなく。
下記のような歌詞です。(本人の前で歌ったなあ、いや懐かしい)

♪描けない原画をさらりと描いて
 仕事にもたつく者たちを
 ぜ〜んぜん駄目だと怒鳴りつけ
 ど〜んどん自分で描き直す
 脚本、演出、レイアウト
 照樹務は誰でしょう?
 


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

拙者の横着

今日は来客が三組来てそれだけで一日が終わってしまった感あり。
まず最初は、長年取引先である制作会社セレブロさん。若社長のH氏が商品見本「DVDものづくり日本」を持って来社。全10巻の中の5巻に映像提供したものだ。これはユーキャンの通販で販売されている商品のひとつ。手みやげに頂いた麻布のケーキは女性社員限定でおいしく頂きました。
2つめのゲストは、東京国際アニメフェア事務局のSさん。ひさしぶりに小松原一男の原画に向きあうことになり、画集編集時のデータを見直しているだけでも、やはり小松っちゃんはうまいと惚れ直す。この件は詳しく書けないけれど、品切れになっている画集の再版を検討することになりそう。
最後はテレビ番組制作のテレビマンユニオンのMさんが、リュミエールの「列車の到着」を借りにきた。奥から出ていくのが遅れたら、勘違いして手前にいる才田氏に名刺を出していた。そりゃ確かにそちらの方が社長みたいけれどね。貫禄なくてすみません。そんなこんなで仕上げなければならない印刷物などは進まないまま、終わりそうです。いかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 4日 (木)

ジョナサンの相

明日から飛騨メルヘンアニメ祭に出かけるという多摩美の片山教授を呼びつけて、編集中の「アニメーテッド・ピープル」のための対談を収録する。まず、教会通りの焼き肉やでカルビ4人前を食べてからお話スタート。興が乗って、ジョナサンに移動して続ける。荻窪ジョナサンにははじめて入る。紅茶がティーバックでなく葉を濾す方式なのに驚く。これはうまかった。深夜にアニメ関係者が行くというのもうなづける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »