« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

ネット夢中症注意

Img_5170

ひさしぶりに実家にたどりつけば、駅前には変わらぬ「うなこちゃん」が。と思ったら、なんでも団扇をこまめに変えて変化を出しているとか。今回は「熱中症」でした。市役所に「うなこちゃん」係がいるのか。アニメ化の話しでも持っていきますかねえ。地元だし。オープロはアンパンマンはもとより新宿シンちゃんも作画しているので、やなせ物は得意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

ヘトちゃん(仮)制作2-夏照ハウス

Img_5076

いやあ、暑い日です。まさに夏の日差しが照っております。そんな中、浅草田原町そばのライブハウス「なってるハウス」のお邪魔しました。ジャズの演奏で杉並公会堂での公演もあざやかな中村力哉トリオの演奏を聴きました。「いつか王子さまが」「雪深い山国」「チェブラーシュカ」などを交えて2ステージは満足感たっぷり。オープロの次回自主制作「ヘトちゃん」(仮)の音楽を中村力哉さんに頼んでいるんで今から楽しみです。これらと並ぶ名曲となるでしょう。
 また、ジャズの公演自体も三回目をやりたいものです。いっそ来年はアヌシー映画祭で公演するためフランスへ渡ってはどうかと、真剣に考え始めました。ご期待ください。あ、CD発売も!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

偉大なるゼヨ

Oh210001

とにかく高知は竜馬だらけ。「ぜよ」だらけ。コンビニで売っている水が「竜馬の水ぜよ」って名ですからね。驚きました。つい,僕も「お、後免行きでは、これがホントのごめん電車ぜよ」と言ってしまうのです。
その路面電車で目立つのはやはり、やなせ先生のもの。アンパンマンの車体の他に人権あゆみちゃんが走っております。それにしても、同じく高知が誇る大漫画家横山隆一先生の絵がないのはいけません。フクちゃん電車を走らせるべきです。
 次回はイベント開催時に高知を再訪問して、世界の電車が市内を走り回る姿を見たいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

わらに炙られて育てた食い気

Oh200001_2

あこがれの土佐電鉄の街、高知でしたが、お目当ての世界の電車は平日なので走っておらず、路線も2路線十字形のわかりやすいのでちょっと拍子ぬけ。丘もなく、ほぼ平坦の線路なので面白みには欠けるところも。しかし、南国市の方へ行くときれいな田んぼが映えて、日本ならではの美しさがありました。すっかり日焼けしてしまったので魚も焼いてやろうと、ホテルお薦めの店「藤のや」で一杯やる事に。しぶい親父さんの板さんが豪快にわらを投じて、かつおを炙っておいしいたたきを作ってくれました。今までの人生で一番おいしいたたきで感激しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

鉄ちゃん撮るべからず

Oh190001

昨日の大役を終えて?やっと本格的な観光にむかい、道後温泉本館と少し離れたところにある別館椿の湯に入りました。なるほど、湯船の脇には「坊ちゃん泳ぐべからず」の木札がかかげてありました。
商店街をひやかして駅へ向かうと、ちょうどニセSLの坊ちゃん列車が出発するところで、ちょっと撮り鉄の気分で撮影してみました。あまり入れ込まないでさっと撮影後、撮り鉄として燃えるはずの土佐電鉄めざして高知へ向かったのであります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

セル引きの豪主

Oh180001_2

今回の旅の主な目的である「映画大学」講演本番は、しどろもどろで終始。さぞかし聴講生のみなさんはあきれたことでしょう。この参加者の多くは、日本各地で映画鑑賞団体を主催している人々で、優れた映画を紹介する運動をしている人の集まりです。各地の映画センターという組織にいた方も多く、つまり「セロ弾きのゴーシュ」上映でお世話になった方々とも言えます。その昔、才田さんに来てもらったとか村田氏に世話になったという話を聞いてうれしく思いました。
学校内のレストランで開かれた夜の交流会では、感謝の意をこめてプレゼントの景品として本物のセル+背景を2セット提供しました。私が横暴ながらクジを引きまして、2名の方に当選となりました。喜んでもらえてなによりですが、陽にあてると線が消えますのでご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

OG島

Oh170001_2

オープロを代表して「映画大学 in 松山」という催しに参加してきました。目的地は松山ですが手前の高松で降機して、市内へ。うどんも食べないでOGのSさんと再会したのです。Sさんは可愛いイラストを描く才人ですが、アニメーターとしてのスピードに限界を感じてか、残念ながら故郷のこの高松に戻ってきているのです。
正確にはオープロ内で僕とダブっていないので、なんの義理もないはずですが、そこはワタクシ、良い場所に案内せよと呼びつけたわけです。
Umieというカフェをこちらから指定して落ち合ったのですが、僕の見たいモアイ像が近くの島にあるのを知らないというので、逆に僕が案内することになりました。沖のふたつの島、男木島(おぎじま)ではない方の女木島(めぎじま)の港にモアイ様は立っておられるはず。この島は鬼が島とも呼ばれており、なんでも昔、鬼が住み着いていたところを、アダムスキー型円盤がモアイ像をイースター島から運んで、鬼を退治したという伝説が残っています。今でも鬼が出て来ないようにモアイ様は海を背に鬼の洞窟を見張っているのでした。
 そんな伝説も知らない相変わらずホンワカしたSさんでありましたが、カットのたくさん入った本を出版したり、なかなか活躍しているようで安心しました。
(写真は、浜のピアノを撮るSさんであります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

あ、仲間

Img_4974

相談事があったので、動画でお手伝いもしている会社アンカマ・ジャパンを訪ねました。新井薬師という微妙な位置になぜこのようなオシャレなアニメ会社を建てたのか不明でしたが、帰り道に遠回りして中野駅へ歩いたら,納得できました。つまり、中野ブロードウェイの後ろってことですね。まったくフランス人って奴は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

イカボーとトットとケーキ食え

Img_4959

日曜日なのに仕事しているベテラン4人+若手2人。そこへ今年の4月に、社長(小生)のすがる手を振り払いトットと他の会社に去って行ったIさんが急に来社。それも手作りのもち米パウンドケーキを携えて!ああ、昨日に続いてなんという幸せな日々....。毎日ケーキ三昧でありんす。喜んでパクついて慣れないお世辞をいった後で、あたしゃ「じゃあ、イカ、じゃないIちゃん、社長がメシをおごってあげよう!」と誘ったのも自然のなりゆき。でも、Iちゃん「ちょっとこの後予定がありまして.....」とさらりとかわされちまったのですわ。ふーんと不満そうな社長(小生)がふてネットをしていると、入り口付近でIちゃんの恩師S氏たちと談笑の声。それもずいぶん長くいるじゃん、忙しいIちゃんよ。ま、自分にケーキ持って来てくれたと勘違いする方が悪いんだけどね。とほほ。それでも辞めた人が自由に遊びに来れるオープロがなかなかいいよねえ。ケーキもうまかったし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

突然アオイホノオの如く

Img_4914_2

打ち合わせを終わって夕方会社に戻ってきたら、何故か真っ暗。さてはまた漏電でブレーカーが落ちたかと思ったけれど、机のライトはついているし、変だなと感じつつ中へ進むと!なんと、サプライズで突然どでかいケーキを見せられた。
 ナミッキーとゴーシュのたぬきが描いてあるケーキで、なんだかわからないけど驚きました。どうも、僕への品らしいので、???ですが。誕生日じゃないし、文化庁の3800万ははずれたばかりだし、ここのところ良い事もなく、お祝い事はないはずでしたが。どうやら、先日の「40周年記念パーティ」のお疲れさま感謝ということのようで(そう,書いてあるからそうでしょうとも)、感謝の弁もパラパラマンガになって添えられているという凝ったものでした。他にもカット袋をアレンジした袋に僕の好きな柿の種が入っていたり、新春3大付録って感じ。いや、なんだかうれしいね!
 特にこんな凝った絵がケーキにのると知ったことがうれしい。これは何か商品開発できるのではないでしょうか?
日頃は甘いもの嫌いと言っている私も、このケーキは喜んでいただきました。しかし、上のプレートのホワイトチョコはさすがに甘すぎて3センチ四方を食べただけでギブアップ。
 首謀者はアイデアO嬢と実行犯天沼亭熊吉の二名とか。こんな準備をする間に仕事したら、とも思いますが、とりあえず、ありがとう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »