2013年4月17日 (水)

ガセ立ちぬ

Img_2058

暖かくなり、風もおだやかな午後の荻窪です。すっかり社長出勤して歩く街にこんな看板が。なんとなく微笑ましいような...。いやしかし、なにかひっかかるのは「みなさまの情報で」というところ。何も悪いことをしているつもりはないが、検問している警官や自転車を臨検しているおまわりさん、駅に仁王立ちしているマッポを見るとドキっとしますね。
なにしろ、あやしい風体には自信のある弊社です。「夜中まで出入りしている...」なんて事実も言い方次第でどうにでも聞こえそう。とりあえずご近所には愛想を振りまいて生きていきましょう。
時々刑事が訪ねてきますが、「世田谷一家殺人事件」の犯人は僕ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

赤着エビッチ

Img_0326_2

さて、すっかり年をとった社長は社員一同から晴れ着をもらって大喜び。「そうさのう〜」と言いながら仕事もせずに徘徊するのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

突然アオイホノオの如く

Img_4914_2

打ち合わせを終わって夕方会社に戻ってきたら、何故か真っ暗。さてはまた漏電でブレーカーが落ちたかと思ったけれど、机のライトはついているし、変だなと感じつつ中へ進むと!なんと、サプライズで突然どでかいケーキを見せられた。
 ナミッキーとゴーシュのたぬきが描いてあるケーキで、なんだかわからないけど驚きました。どうも、僕への品らしいので、???ですが。誕生日じゃないし、文化庁の3800万ははずれたばかりだし、ここのところ良い事もなく、お祝い事はないはずでしたが。どうやら、先日の「40周年記念パーティ」のお疲れさま感謝ということのようで(そう,書いてあるからそうでしょうとも)、感謝の弁もパラパラマンガになって添えられているという凝ったものでした。他にもカット袋をアレンジした袋に僕の好きな柿の種が入っていたり、新春3大付録って感じ。いや、なんだかうれしいね!
 特にこんな凝った絵がケーキにのると知ったことがうれしい。これは何か商品開発できるのではないでしょうか?
日頃は甘いもの嫌いと言っている私も、このケーキは喜んでいただきました。しかし、上のプレートのホワイトチョコはさすがに甘すぎて3センチ四方を食べただけでギブアップ。
 首謀者はアイデアO嬢と実行犯天沼亭熊吉の二名とか。こんな準備をする間に仕事したら、とも思いますが、とりあえず、ありがとう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

いもいもしい

Img_2670

荻窪駅からオープロへくる仲通り商店街に突如焼き芋屋が出現した。正確に言うと、和太鼓教室の事務所がなぜか焼き芋を売り出し始めたのである。以前には不動産屋ジーフラクタルであり、その前は銀河書房という古本屋でもあった場所。世は無常ですね。店員?さんはスーツ・ネクタイ姿で夜中の1時まで販売中。一個250円だが大きめの芋なので安いと思う。今日も買って、貧しい社員に分けるので好評であります。なに、大きすぎて全部は食べられないのでしかたなく分けているだけですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

石之飢えにも60年

Img_2436

今日は我が社の作画監督石之博和氏の誕生日で、去年の才田俊次氏の還暦祝いに続き2本目の赤タップを制作し、授与しました。還暦とは本人にとっても驚きの早さでしょうが、アニドウ仲間としても僕も40数年の付き合いになります。まさに光陰矢の如しでありますね。
狭い社内に立ったままの貧しいアニメーターから200円ずつ徴収した「ニュートンのりんご」のケーキを食べて、祝いました。直接世話を受けている若手からは、赤いフリちゃんこ(フリース?ちゃんちゃんこ)が贈られました。いつも彼にBS放送を録画させているS嬢・Yさんからはハンカチなども。
 いいもんですねえ、敬愛されているのは。
僕の番はあと14年後ですが、今から楽しみです。それまで会社はないかもしれないけれど、僕は生き抜く所存ですぞ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)