2010年2月12日 (金)

見栄すぎちゃって困るの

あいかわらずパソコンが壊れているので、メールの連絡がとれません。ホームページの更新も出来なくてすみません。
体もポンコツになってきましたが、LDとかVHSとかベータとか映像機器が軒並み調子悪くなっています。
なかでもアナログテレビの映りが急に悪くなったので、この一ヶ月間に三回、近所のY電気店の人に見に来てもらっていました。
一回目は、僕の留守中に来てデジタルのカードをさして「これからはデジタルで見ればよい」と言って帰ったとのこと。コピーをしやすいアナログでちゃんと見たいというのがこちらの希望なので、もう一度来てもらうことに。(しかもデジタルでもNHKとテレビ東京は映らない)
二回目も留守中なので、帰ってから聞いたら、故障ではないといって帰ったという。
三回目は先日待ち構えていて、僕が直接聞いたのだけれど、「このへんは昔からこんな電波だ」という。
いやいや僕は2年間見ているけどこんなものではありませんよ、と答えたけれど、アナログはこんなものなので、デジタルで見ろという。見られないチャンネルがあるじゃないか、というと機器がデジタル対応でないからで設置しなおさないとだめ、とのこと。じゃあその費用はいくら位で?と聞くが「大家さんにしか言えない」といって帰ってしまった。
アンテナがUHFじゃないのか、と憶測したが、別な電気やさんを呼ぼうと思って駅前のE電社に来てもらった。セカンド・オピニオンというやつですね。
そうしたら、アンテナの方向が神奈川を向いているというので、ちょっと微調整してもらったらすぐちゃんと見られるようになった。屋上へ出て見直したらアンテナもUHF混合の立派なものでありました。
なんだか拍子抜けしたけれど、これで録画もばっちりだ。
結果的に何もしなかったY電気のことを大家さんに言いつけ(請求が行っているといけないので)、これからは駅前のE電社をよろしくといらぬ宣伝まで。同じ商店街だから、ちょっと高くても利用しているのに、これでは.....。技術職の人が見栄を張っては困りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)