2011年3月28日 (月)

杉並アニメ振興虚偽かい

Img_2091

半年に渡ったアニメーター育成事業「匠塾」の修了式が杉並区役所で開催された。オープロにもこの育成事業のおかげで有望な新人が二人増えることとなった。しかし、匠塾は第9期生を送る今回で終了されてしまうことに。まことに残念な後退であり、杉並区の失政だと思う。来年からは、独自にこれに代わる制度を作らなかればならないのか。余裕があればぜひそうしたいものだ。
とにかくアニメ業界に入ることになった8人のみなさん、おめでとう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

懐疑はおのれ

先日の事業仕分けの後の予算決定を受けて、杉並区役所内の会議室で、13時より振興協議会の会議を行いました。
川本征平会長からこれまでの成り立ちから最近の動向までの流れを話してもらって後、各自意見を述べましたが、結論はまとまらないうちに時間となってしまいました。
とりあえず、我がオープロだけは来る3月の催しに不参加と言いましたが、同時に他社のみなさんはぜひ開催を成功させて下さい、と本心より申上げました。
今後は、なんとか別な形ででも「匠塾」を続けて行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

事業たわけ

Img_7045

読売新聞朝刊を見て驚いた。
「杉並区は15日、学識経験者5名からなる外部評価委員会を公開で開催し、2010年度の事務事業等の外部評価(事業仕分け)を行ない、"アニメ産業の育成・支援"について委員会は<廃止を含む抜本的な見直し>と評価した。」とある。

また、ネットのjapanimate.comの記事によれば、
「若手アニメーターの育成事業となる"杉並アニメ塾"では、過去6年間に45名の卒業生を送り出し、区内のアニメ制作会社に39名が就職したが、正社員としての採用であったのかの確認やその後の追跡調査もなく、委員からは効果を疑う発言があった。」

わが社は匠塾の中心メンバーであり、現在でも2名研修中、5名が契約社員として働いている。
残念ながら現在は離れてしまったが、他にもかつて在籍していた元匠塾生も4名いた。一目瞭然でうちの会社に来てもらえば、匠塾のはたしている機能は大変大きいと解る。1970年から40年にわたって杉並区で制作している我が社を支えていることは産業育成に他ならないと僕は思う。
 効果を疑うのなら、もっと予算をつけて頂きたい。そうすれば、もっともっと目に見える結果が出るだろう。
 流行にのっただけの近視眼的な仕分けは、"たわけ"にすぎない。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

タク見塾

Img_5543

アニドウ発売のDVD「タクンフィルムズ」で、古川タクさんの作品をみる塾。ではなく、杉並区のアニメーター研修制度第9期生の開講式が、杉並区役所で開かれました。不肖私も参加し、祝辞を述べ、さらにガイダンスと称してヨタ話しを1時間以上のわたってしゃべり、新人の希望を打ち砕いて来たのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

オタク未熟

Img_5267

今年度匠塾の第二次選考が午後1時よりはじまり、20分ずつ2日7組合計15人の面接が行われた。
不肖私も試験官として参加。毎度変わらぬ設問は「好きなアニメは?」という陳腐なもの。しかし、答えはかなり変化にとんでいて、けっこう参考になったりする。若いくせに「白雪姫」が好きとか。一人ぐらい「すて猫トラちゃん」とか言わないかな。
 試験後、くじ引きで各社指名で合格者を選抜。例年通りわが社には2名の研修生が来ることになりました。二人とも女性なのは、ぐーぜんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

マインマイン振興協議会

杉並区役所のアニメ係としてお世話になったY係長とHさんが今月より転任されたので、慰労の送別会が開催されました。荻窪教会通りの「蔵の木」にて。宴は流れて雨の中、阿佐ヶ谷へ向かいS社社長のなじみのスナックへ。
転出されたお二人とは主に「アニメフェスティバルin杉並」と「匠塾」でのおつきあいで親交を深めていましたが、アニメーションのこともかなりご理解いただけるようになったところでの転任とは、毎度のことながらこのシステムに疑問ありです。
去る人がいれば来る人もいるので、新しい方々と以前より積極的に交流していきたいと思っております。
アニメーション制作ができればいいんですがねえ。
なんでも練馬の方では1,000万の予算で短編を作るウワサもあり、元祖アニメの街(区)としては遅れをとってはいけません。そんなときに、ユニークな「アニメ係」の名称がなくなる事になってがっかり。新しく「地域産業観光係」と名称変更されてしまいました。一般的な印象では後退したような雰囲気ですが、そのマイナス効果を考えているのでしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

日没!後待ち苦

Img_2768_2

「アニメーションフェスティバル2010inすぎなみ」に今年もパラパラ漫画・トレス体験などのコーナーを我が社が担当。指導員としてアニメーター8人に活躍してもらいました。
初日の夜には「出没!アド街ック天国」で紹介されたこのイベントは例年よりも大にぎわいでした。
5時終了後、後片付けを終えてから、もちろん各自会社に戻って作画作業を続けるのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

フォルムよりまっすん!

Img_2732

パソコンなんとか直りました。
さて、杉並アニメーション振興協議会のメンバーでもある、声優分野で活躍中のウォーターオリオンが企画・制作していますWebラジオ「まっすん!」の取材チームが来社されました。
「テニスの王子様」などで活躍の、声優増田裕生さんの番組で、WEBで放送中ですが、今回の収録は特別版として、国際アニメフェアで配布される予定とか。弊社の他にも、アトリエローク01、武遊、トランスアーツなど振興協議会の各スタジオを取材し、広報していただくことになりました。
 我が社の持ち時間は7分程度と言われたのに,不肖社長はロクでもないことをしゃべりまくり、あっという間にマキが入って不完全燃焼のままにおしまい。
こうなったら、オープロラジオでも作って自分で好きなだけしゃべるか。あ、それはジブリの偉いさんの真似になってしまうのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

アニメが食えんさい

来春3月6,7日に開催される「アニメーション・フェスティバル in すぎなみ 2010」の実行委員会に出席。次回のキャッチコピーは「親子でアニメ学園祭」なのだ。
おでんくんの気ぐるみが再登場とか、「やさいのようせい」の小会社がカレーを販売しているのでショップを出すなどにぎやかなことが決まってくる。
僕は、とりあえずちらしのデザインにケチをつけ、ついで着ぐるみショーに「ケロロ」がいいか「プリキュア」かとの採決に、最初に挙手して「YES プリキュア5」をだんこ指示!
 すっかり「大きなお友達」の代表のようになってしまいました。
無料で、子供向けのイベントですが、スタートからかかさず我が社は協力しているので、次回も微力ながらお手伝いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

セロ弾きのしゅーご

来年3月に開催される「アニメーションフェスティバル2010 in 杉並」の実行委員会会議に出席のため杉並区役所に出向く。前回(本年)は「しゅごキャラ」の着せ替え撮影会が大人気で、次回はより多くの人に参加してもらうためにどうするか、など子供向けのイベントとして思案することが多いものです。オープロとしては、パラパラ漫画の指導ぐらいしか協力していないので、僕も発言は控えめでありました。
新企画のブースとかオープロでも企画して出店するべきなのかもしれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)