2008年12月 4日 (木)

ジョナサンの相

明日から飛騨メルヘンアニメ祭に出かけるという多摩美の片山教授を呼びつけて、編集中の「アニメーテッド・ピープル」のための対談を収録する。まず、教会通りの焼き肉やでカルビ4人前を食べてからお話スタート。興が乗って、ジョナサンに移動して続ける。荻窪ジョナサンにははじめて入る。紅茶がティーバックでなく葉を濾す方式なのに驚く。これはうまかった。深夜にアニメ関係者が行くというのもうなづける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

憲法診断

三鷹市公会堂で開かれた、『えほん日本国憲法』出版記念の集いに、才田氏、S嬢と行きました。
会場は三鷹公会堂のカフェで、著者と長年活動を共にしてきた友人たちがたくさん集まる手作りのパーティで、たいへんな盛況でした。
著者野村さんは、僕の先輩アニメーターでオープロ美人三人娘(当時!)のお姉さんで、後にはなんと村田前社長と結婚したので、社長夫人というわけです。こりゃ、記念会は断れません。
みなさんもぜひ下記をお買い求めください。
「えほん 日本国憲法―しあわせに生きるための道具」
野村 まり子【絵・文】 笹沼 弘志【監修】
明石書店 (2008/09/04 出版)
47p / 30cm / A4判
ISBN: 9784750328331
価格: ¥1,680 (税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

動画興亡

大泉学園にある動画工房へ作画プロ見学へ行った。元オープロのアニメーターT野氏が小田部さんの資料を持っているというので無理に強奪にいったもの。さすが、その昔宮崎さんのボードを模写していた執念の人。ハイジや三千里の修正がたくさんありました。しかしオープロ時代のものは、原画が村田、才田氏のものがおおいので、ちゃんとした原画だからと皮肉なことに修正は部分が多く、絵の態をなしていない。それでも、クララもペーターもロッテンマイヤーさんも生き生きとした表情があり、おかげさまで画集も充実しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

カールわよ、ハニーフラッシュ!

午後に池袋のひこねのりおスタジオへ。のりお大先生を横目に賢息大助氏と「小田部画集」の打合せを始める。ダミーで作ってもらった大きさ見本の背が3センチ以上で驚く。やがて小田部さん到着。80分ほど解説の語りを録音した後は、のりお・羊一の同級生対談となり、それを聞く。卒業制作の話など興味深い。
一杯やって、2スタに戻ったらすでに匠塾ビデオの撮影は終わっていた。トランスアーツのHさんが来て作品を魅せてくれていたのに残念。やむなく小田部資料のスキャンニングなど始める。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

Ha!意地!

午後から小田部羊一氏来社。「画集」のレイアウト進行確認とテキストの談話収録。装丁のアイデアなども思いついたのでぐっと完成に近づいた?ような.....。6時近くまでかかり、吉田屋で軽く一杯と焼き鳥で締める。小田部さんはどことなくお疲れのようでちょっと心配。
電話で原画以来相次ぐ。ふたつは断るも、残るひとつはキャラ表を送ってもらい検討することに。7月からOAだというので、やや余裕あるというので。しかし、現在劇画タッチ(古いねこの表現)のリアル系はあまりやる人が社内にいないなあ。
夜中に別な出版「片山雅博アニメーテッド・ピープル」の基本レイアウトも手直ししてみる。これは5月発売予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

OH!つーか校正

入校した「絵本ツェルセルーシュカ」の色校正が早速あがったというのでチェックに行くが、サイズをちょっと大きくしたのが印刷費に影響して、今晩徹夜で縮小することになった。嗚呼!中旬に発売出来るのか?
 今日は、またも来客多しで、イラン・グエンくんに駅でDVD世界アニメーション史第一巻を手渡す。明日からアヌシーに行くというので、エミール・コールのお孫さんに渡してもらうため。
 入れ替わりに、多摩美K教授、TコムのT取締役動画部長が来社。近くのやきとりや「吉田屋」に行く。
南正時さんの企画で、「O塚さんを囲む会」をやろうと、招集された第一回幹事会なのだ。まだ、本人に言っていなので内緒ですが。
 我が社の顧問にもなってもらって、ご指導願いたいという野望も腹に秘めての一大イベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

フォッグテールにつつまれたドブネズミ

土曜日だけどほとんど全員出勤しているなあ。午前中にカウネットで買うねっと宣言した本箱(キット)が届いている。組み立てるのはちょっと先だけど、早く身の回りを整理しないと資料が散乱していて、ゴミ山みたいになりつつある。私物を増やすな!と言えなくなりつつあります。
 動画のみんながポ○モンのめんどうなカットで泣いているのをみつつ、16日に出来上がるはずの絵本「ツェルセルーシュカ」の入校データを制作する。(これはアニドウの仕事だな) 途中で1Cと4Cのペーズが左右逆になるのを今頃気がついてこまごまと直す。この本はハンガリアン・フォークテイルズの一遍を絵本化したもの。今秋発売予定の「金の毛の小羊〜ハンガリアン・フォークテイルズ」の前宣伝ですね。シャレた本になりそうなのは、イラストレーションがきれいなことによっているけれど、自分のデザインがいいような気がしてくるから我ながら図々しい。
やっと出来たので4時過ぎCD-ROMに焼いて、地下鉄にのって銀座の印刷屋さんに渡しに出かける。
楽しみは、大好きなそばや、銀座利休庵でごはんを食べるために出かけたのだが、なんと3月で閉店したとの貼り紙!世の中に正義はないのか!
脱力しつつ、三州屋支店で、さしみ定食を食べてみる。この三州屋本店の二階の座敷で、先代社長村田氏と飲んだ時があった。村田氏曰く「とても銀座にある店とはおもえないねえ...」。
そう、村田氏とピッタリあっていて、みんな落ち着いて飲める場所なんです。ここまでなくなったらもう銀座には来ないぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)