2012年6月22日 (金)

なんですと?それしてーね!

Photo


フランス映画祭へ「アーネストとセレスティーヌ」を見に行きました。オープロから、才田、辻などアニメーター数人と、小田部羊一さんも加えてのグループ観賞。こういう作品が創りたいという僕の誘いにのってくれたものです。予想通り楽しい漫画映画で、とても満足。アニメーションのタイミングは日本的でした。なんとか、こんなテイストのものが我が社で出来ないものか!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

死ぬ間案じるか?

Img_4286コレクターというものは、自分の葬儀中でも「フィルムは燃えているか?」と心配するものなのです。
 さて、ジブリのライブラリー事業室のご苦労に感謝して、わがオープロでは最終日の今日、社内研修ということで渋谷のシネマアンジェリカへ「バッタ君町に行く」を観賞に出かけました。総勢12人。社長自らが「世界一の傑作!」とわめいているにも関わらず仕事の追い込みで参加できない人もいて、まことに残念。それでも、団体観賞に行く会社もあまりないのではと自賛。オープロの団体観賞はウン十年前に「ホルスの大冒険」を児童館に見にいったりするほどの伝統ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

配給堂々

今日はオープロの厚生費より補助ありで、アニドウの配給する「ハンガリアン・フォークテイルズ」の鑑賞会に約10名で出かける。この入場料は循環して帰ってくるのか?21時からのレイトショーなので終わったら22時半。渋谷、ユーロスペースの周りはあやしげなホテル街だが、清らかな芸術に触れた面々は飲みにも行かずおとなしく帰ったのでした。(僕は会社へ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

やるせないす

昼過ぎに出社したらJ子さんしかいなかった。休日なのに休むこともあるんだと、人がいないのに驚く。夜になってDVD世界アニメーション映画史3,4集のジャケット撮影でK氏来る。前は天沼の本社、社長室でやっていたけれど荷物いっぱいなので今回は2スタが撮影スタジオに早変わり。
いざ、と思った時に配給会社ロングライドのHさん来たので、食事タイムとなりました。なんでも「ペルセポリス」というフランスの長編アニメを配給するという。白黒の大人向けでなかなか興行的にはきびしそうだが、できるだけ協力することを約束する(但し、試写を見て面白かったらですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

アクメッド社の注文

銀座のエルメス・ジャポンの映写室ル・ステュディオにロッテ・ライニガー「アクメッド王子の冒険」を石之氏らと見に行く。無料だが完全予約制で、1Fエレベーター前と10F入り口で厳しいチェックがある。40席ほどの会場は満席ということだったが、半分は空いていた。無料だから簡単にキャンセルしてしまうんだろうなあ。もったいない。
フィルムだと思っていたら残念ビデオプロジェクションだった。しかし、とても楽しんで見られた。併映の実写「レゴン」がバリ島を舞台にした恋愛劇でなかなか面白かった。出演者の女性がみんな胸をはだけたままで生活しているのがまるでいやらしくなくて健康的だった。二色のテクニカラーも興味津々で見たが、ユニークな色彩になっていた。アニメーションばかり見ていては駄目ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)