2007年12月 6日 (木)

Oh!ヒマさん

午後より、クリスマスカードのデザインとか、飛騨の上映会「私のメルヘンアニメ」の紹介文など書いて夜になってしまう。レンタカーを借りてNEKO氏の運転で渋谷のヨコシネへ。9月から預けてあるフィルム100本超を返却してもらうため。紀伊国屋販売の「DVD世界アニメーション映画史」3、4集の材料なんだが、3ヶ月も倉庫代わりにしてしまった。
浦和に戻して、荻窪へ緊急帰社。R社のO嬢(元ラピュタ阿佐ヶ谷)がビデオカメラ(うちのVX1000より良い2000だ)で取材に来ているので、急いでね。なんでも彼女は最近遊びでチェコに行ってというので、うらやましくなる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

偏執ホスト

DVD「村田氏・小松ちゃんありがとう」の映像編集も後半。編集ソフト「ファイナル・カット・プロ」もベテランの境地で使いこなしています。今日から小松原一男パートに取りかかりました。2000年のイベントのために作った悲しいテーマ曲の「哀しみのハーロック」が3分。1980年の友永氏結婚式のビデオより、「唄ふ小松ちゃん」をセレクト。3曲唄っています。これは11分。最後に某国営放送のBSでオンエアされた「画集出版記念イベント」の様子が4分です。
タイトルつけたりして一応編集をそれぞれ加えて見ました。
11/7日に配布します。けっこう面白いものでなったのではないかと自負しています。もっとも、村田、小松原両人を直接知らないと面白さも半減です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

我はDVD

iDVDで1974年,75年の記録映像8mmを編集し、DVD-Rに焼いてみる。それぞれ40分位ある8mmでは立派な長編で京都総会の記録「風雲急!バッファロー街道」(やぎゅう街道のそばだったので)、名古屋の記録「風雲急!金シャチ街道」というへんな名がついている。むろんサイレント・白黒。
制作中のDVD「世界アニメ史」の現像所作業にまぜて、8mmフィルムからデジタルビデオにテレシネしておいたもの。
しかし、どうもエンコードの具合がうまくいかなくて、人の形にそって映像がゆらゆらと乱れてしまう。素材のムービー化したQuicktimeで見るとなんともないのだが。あきらめて、それを複製し、レーベルも印刷して関係者にくばることに。今日の社長はまるでヒマみたいだ!
そうやって遊んでいたら天罰が。明日の全社会議用にS嬢が配付資料を作っていてその構成を見るようにと朝方お達しが。3枚も用意しているので「1枚目の稼ぎが少ない、という現実だけで十分じゃない?」といったらにらまれた。2枚目には稼ぎ高別の割合がグラフになっている。う〜む、いやあシビアです。こりゃ、明日はみんなビビルぞ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

色にデジタルわが恋は

社長業さぼって迫って来た3日の上映会の準備をする。浦和の倉庫で東映長編を録画したmini-DVテープを探して持ち帰る。もりさん出演のビデオの該当部分を差し替えるため。なぜそんな材料があるのかは不問としたい。本番の時は、色の落ちたフィルム上映だったけれど、今回はあざやかな画面に直したい。
ムービーファイル化してDVDを作る時間がないので、DV-CAMテープに書き出す予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)