2007年12月 8日 (土)

寒タイトル

今日から我が社(オープロ)じゃない方の我が社(アニドウ)が配給しているハンガリアン・フォークテイルズのBプログラムが公開される。
しかし、朝8時までなぜか字幕(サブタイトル)入れの作業に徹夜した。「黄金の鳥」という作品の英語入りDVDがやっと昨日届いたのであった。夜中から8時間かかって、編集し終えてさあ、テープに書き出しという段階で、」なんとDV-Camのデッキが故障。午前中からNEKO氏に泣きついて、レンタル屋を探してもらい12,000円で1日レンタルすることに。なんとか6時前に納品したが、こんな綱渡りばかりでは、神経が休まらないのだ!!
もう少し、たくさんの観客が来るヨロシ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 2日 (日)

ぶれ人

日曜なれど午後から浦和の自宅兼事務所に戻ってひさしぶりにフィルムの試写。オープロに居続けているので、浦和は今めちゃくちゃになっている中をなんとか来客三人分のスペースを確保する。今日のお客さんは「音楽劇 肝っ玉おっ母とその子どもたち」のスタッフの方々。劇中で使う戦争のフィルムを探しているとのこと。ちなみに公演は来年1/18〜30日 北千住のシアター1010で。
その後、渋谷のユーロスペースに絵本の納品にいき、22時過ぎに帰社。明日のコンサートの曲目リストとか、アンケート用紙とかあれこれ準備して朝になってしまった。はたしてお客さんは来るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

鍵のついた台割

10時着を目指して渋谷ユーロスペースに上映プログラムのDV-Camテープを納品に向かう。流して試写するが、144席の小屋はなかなかいい感じ。
マークシティ美々卯でうどんを食べて、帰社。タイでの写真を注文したり、雑用をしているとあっという間に夕方になる。突然、多摩美K山教授から来ると連絡あり、急遽「アニメーテッド・ピープル(イラスト版)」の対談収録をする。「馬来」が満員なのでしばらく「番小屋」に避難。本日の対談のお題は、フレデリック・バックさんとポール・グリモーの二代巨匠。食べつつ、話終えたら夜中の3時になっていた。こんな進行具合で来年3月に発売できるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

解決フライ也

出張中に刷り上がって納品した「ハンガリアン・フォークテイルズ」のちらしが足らないと連絡あり、急遽刷り増すことに。ここ2,3日で作品も増えたので(公開12/1からですが)、改訂版にしようとデザインをやり直していたら一日かかってしまった。夜9時になって京都の印刷屋さんに入校。割増料金を払って月曜日には届けてもらう特急印刷をしてもらう。便利になったというべきか、慌ただしいものだ。表も裏も4Cという豪華版。相変わらずコスト計算が出来ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

広尾乾杯

疲労困憊のなかでチェコ大使館へ行く。広尾の町を歩くのも10数年ぶりかなあ。よりオシャレになっています。
さて、アットアームズさんの提供で、チェコアニメの試写と川本喜八郎氏、おかだえみこ氏によるポヤール監督についてのトークショーが行われてると聞いてはいかないわけにはいきません。
「リトル・アンブレラ」他4本の試写が(残念ビデオ!)終了後、豪華なレセプションが行われて、おいしいキッシュを食べることが出来、かなりハッピーでした。ポヤールの本を出そうと決意しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

豚は世につれデブれツェン

昨日のイベントの疲れてへろへろしながらも、ハンガリーアニメの配給の相談で、昨年三田に新設されてハンガリー文化センターにお邪魔した。チェコアニメを積極的に配給しているアットアームズの真部さんの紹介で、秋山晋吾博士に紹介される。秋山さんは、二年前に路面電車を撮影しに行った街デブレツェンに5年間居たという。路線は1本だけなので5年いたらちょっと鉄ちゃんはアキてしまうな。
日本ハンガリー友好協会の会報もいただき、ぼくも入会しようと思う。
どこを向いても費用の捻出で苦労しているのは同じだが、少数でも本当に友好を第一に交流しているひとがいるのは心強いことだ。ハンガリーアニメーションのDVDが飛ぶようにうれることは期待しないが、喜んでくれる人の手に数枚でも届くことが出来たら、うれしいと思いますね。城西大学でハンガリー研究がさかんだということで、紀尾井町のキャンパスのホールでアニメの試写が出来たらいいですね、と提案してきたので来年あたり実現しないかな。また2009年には大規模なフェスティバルが開かれるというのでアニメ部門で協力したいもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)